脱毛中は日焼けに注意。

脱毛中に日焼けは厳禁

脱毛中は日焼けにも注意するという事が絶対条件になります。

 

日焼けをしている事での脱毛でのメリットはかなり大きく、日焼けをしているという事で、照射が1回先送りになってしまい、しかもその日焼けが完全に治ってから、まだ1ヶ月ぐらい余裕を見てから再スタート…という事になってしまいますので、実際かなりの休止期間が出てしまいます。

 

せっかく、早く脱毛したいと思って開始したのに、一度日焼けをしてしまうと、かなりの期間休まなければいけない事になってしまいますので、精神的なショックも大きいですし、何より無制限プランなどの早く行けるにはこした事がない!というようなプランを申し込んでいる場合には、お金の無駄をしているような気持ちにもなってしまいますね。

 

このような事もありますので、脱毛している時には、男といえども、必ず日焼け止めをする意識を持つ必要があります。

 

経験者として、この日焼けについて考えなければいけない重要なポイントというのは、7月から9月ぐらいのすごく暑い夏の季節だけではなくて、4月から6月ぐらいから、10月から11月ぐらいでも、日差しの強い日には十分日焼けしてしまうという事です。

 

私も、以前に、下記の桜の季節ぐらいに、ちょっと天気が良かった日にお花見をしていたところ、次の診察でちょっと日焼けの気配が見られるので、次回から注意してください…という指摘を受けました。

 

私としては、自分で鏡を見ても、ほとんど肌が焼けているような状態ではなかったので、こんな事を言われてちょっと驚きましたが、脱毛レーザーというのは黒い色素に反応するものになっていますので、やはりこのあたりは注意しなければいけないのだな…という事を改めて認識しました。

 

これから髭脱毛に通う方は、一番日焼けしやすい顔の部分の脱毛という事になりますので、十分注意してください。

 

これまで全然買った事はないかもしれませんが、ドラッグストアにでも行って、手頃な日焼け止めクリームを購入してきてください。


ホーム RSS購読 サイトマップ